変形性膝関節症の
再生医療(自費)

変形性膝関節症の
再生医療について

変形性膝関節症によって長年ひざの痛みに苦しんでいる方は沢山おられます。膝に痛みが出てくると長時間歩くことや階段の昇り降りがつらくなったりしてきます。痛みのため旅行やスポーツをあきらめたり、症状が強くなると家に閉じこもりがちになる傾向もあります。
お薬の内服やリハビリテーション、ブロック注射などの保存的治療で日常生活の支障が改善できないときは今までは骨切り術や人工関節置換術などの手術を行うことが一般的でした。しかし、手術は負担が大きく不安でできれば行いたくないと考えている方も少なくありません。
このような患者様には、再生医療も一つの選択肢となります。

形性膝関節症による痛みでお困りの方に

当クリニックでは、変形性膝関節症による痛みでお困りの方に、ご自分の血液を利用して行う再生医療、PRP療法を行っています。

PRP療法とは

PRP療法のイメージ写真

PRP療法は自身の血液を利用して行う再生医療の一つです。失われた組織や器官を再建する再建外科の中でも「自分の生きた細胞によって、失われた組織を再生させる」という組織工学に基づいたこの方法は、副作用などの問題が少ない安定した治療として、潰瘍治療をはじめ、さまざまな分野で研究と応用が進められています。例えば、歯科領域では歯周組織再生法にPRPが導入され、その再生スピードの速さが話題を集めてきました。さらに、痛みへの不安を回避できることもPRPの魅力です。美容医療領域においてもPRPは導入以降、またたく間に人気メニューとして定着しました。

現在行われているPRP療法

現在行われているPRP療法には、白血球をほとんど含まない「従来型のPRP療法」と、関節に特化した「次世代PRPのAPS療法」があります。前者の場合は、信頼性の高い先行する臨床研究が多数報告されており、安全性と治療効果が確認されています。また、基礎研究などから、組織再生に有利と考えられるデータも報告されています。白血球をほとんど含まないため、投与後の患部の腫れや疼痛も少なくて済みます。一方、次世代PRPのAPS療法は、専用のAPSキットを用いてPRPから抗炎症成分など関節の健康に関わる成分を取り出して行います。抽出したAPSには成長因子などがたくさん含まれており関節内の炎症を抑える効果が見込めます。

当クリニックで行うPRP療法の特徴

  1. 採血イメージイラスト
  2. 再生イメージイラスト
  3. 注射イメージイラスト

当クリニックで行われるPRP療法は入院や手術が不要です。採血と注射を行うだけで治療することが出来ます。また、自分の血液を用いるため、高い安全性を確保できます。重篤な副作用の心配が殆どないので、安心して治療を受けていただけます。また、国際的な権威ある学術誌において、高いレベルの科学的根拠を有する研究結果が報告されており、治療効果が長続きすると考えられます。

診療時間time schedule

整形外科

休診日:木曜午後 土曜午後 日曜祝日
(最終受付15分前)
診療時間 日祝
9:00-12:00
15:30-18:30

循環器内科

休診日:木曜午後 土曜午後 日曜祝日
(最終受付15分前)
診療時間 日祝
9:00-12:00
15:30-18:30
Top